赤ちゃんの乾燥肌

赤ちゃんも乾燥肌になるので注意が必要です。
赤ちゃんは肌が弱く、免疫力もないため、
外部の刺激で肌が荒れやすいのです。

赤ちゃんの体内には乾燥肌に重要な
コラーゲンやヒアルロン酸がたっぷりありますが、
皮脂の分泌は少ないので、
乾燥肌になる事があります。

赤ちゃんの肌はデリケートですので、
入浴時や部屋の湿度には気を配りましょう。

赤ちゃん用のクリームやオイルも販売されているので、
それらを使用するのもひとつの手ですね。

肌の乾燥

肌が乾燥すると肌荒れの原因にもなります。
肌の乾燥というよりも、肌荒れに必要な栄養素を
いくつか紹介しておきます。

肌荒れのサプリメントで効果的なものは、
ビタミンやミネラルですが、
これらは自分の体内では作る事ができないので、
食事からしか摂取することができません。

ですのでサプリメントで補うのは効果的です。

肌に悪影響の活性酸素を抑えるビタミンAや、
B群、C、E、亜鉛などのほかには、
コラーゲンやヒアルロン酸が保水効果に優れています。
タグ: 乾燥

乾燥肌を改善するには

乾燥肌を改善するのにまずやる事は、
生活習慣を改善する事です。

いくら正しいスキンケアを行なっていても、
日頃の生活が悪ければ焼け石に水です。

真に美しい肌は体の中からケアする事です。
そして体の中は生活習慣が全てです。

バランスの良い食事、規則正しい生活、
適度な運動、適度な水分補給・・・
これらを継続的に続ける必要があります。

一度にあれこれ行なっても、
今までのツケは一気にちゃらにはできないのです。
日頃から頑張りましょう。
タグ:乾燥肌 改善

肌荒れや乾燥肌

肌荒れや乾燥肌が多くなるのは冬です。
冬は気温が低く、湿度も低いので
空気が乾燥しやすく、
肌荒れや乾燥肌になりやすいのです。

様々な肌荒れの原因のほとんどは、
乾燥肌であるといわれています。

肌荒れになった場合は、
乾燥肌の対策を行なう事で肌荒れ対策にも
なるという事ですね。

そして肌が乾燥するという事は、
ちょっとした刺激でケガしやすいという事です。
仕事などで書類を触って手を切った事は
ありませんか?あれも肌が乾燥しているからです。
特に冬場はハンドクリーム等は必須ですね。

肌の乾燥対策

肌の乾燥対策は、乾燥肌対策と同じく
常に肌の潤いを保持して保湿する事です。

入浴や洗顔は正しい方法で行ない、
その後のケアも正しく行ないます。

食事はバランス良く栄養を摂取し、
暴飲暴食は避けます。

また適度な運動をするのも効果的です。
血行が良くなり、新陳代謝も活発になりますので、
ターンオーバーの促進にもなります。

肌の乾燥対策は、化粧水などでケアするような
プラスになる事よりも、生活習慣を悪化させず
マイナスにならない事がより大切なのです。
タグ: 乾燥 対策

乾燥対策

乾燥肌対策はいわゆる肌の乾燥対策ですが、
肌だけでなく空気の乾燥にも
気を使う必要があります。

夏場や冬場はエアコンを付けるため、
空気が乾燥しやすくなっています。

加湿器を設置したり、
濡れたタオルを部屋に干すだけでも
乾燥対策になります。

また、日焼け止めやパウダー系の
ファンデーションは肌の乾燥を招いてしまいますので、
使い方には注意しましょう。
タグ:乾燥 対策

乾燥肌対策

乾燥肌対策として重要なのは、
常に肌の潤いを保持する事・・・つまり保湿です。

潤いを保持するためにはまず
乾燥した肌に水分を補給してやらねばなりません。

風呂上りや洗顔後はすぐに化粧水を付け、
失った水分を補ってやらねばなりません。
そしてそれを保持するために、
さらにクリーム等を塗るわけです。

また、肌に水分を補給するだけでなく、
水を飲んで体内にも水分を補給します。
マメに水分を摂取するようにしましょう。
タグ:乾燥 対策

乾燥肌治療

乾燥肌治療が必要な場合があります。
乾燥肌による炎症やかゆみがひどい場合は
皮膚科や婦人科に診察を受けましょう。

正しいケアをしているにも関わらず、
乾燥肌がいっこうに良くならない場合は
乾燥肌治療を受けるのが適切です。

乾燥肌治療といっても、症状により様々です。
そもそも乾燥肌とひとくくりにしていますが、
乾燥性湿疹や乾皮症、アトピー、
皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)等
症状には色々あります。

それによって処方される薬も様々ですので、
自己判断だけでは危険な場合もあります。

乾燥肌の薬

乾燥肌の薬には時にステロイド系の薬を
使用する場合もあります。

ステロイドというとあまり良いイメージは
ありませんが、体質と症状にあえば
大変効果的な薬です。

ただし使い方を誤ったり、体質によっては
副作用が出る事もある難しい薬です。

塗り薬だけでなく、飲み薬や注射もあります。

良く効く薬は作用する方向を間違えると
毒にもなり得るのは仕方のない事でしょう。

使わないで済むなら、できるだけ自然な治癒力に
まかせたほうが良いと思います。
タグ:乾燥肌

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は水分が蒸発し、
潤いが足りなくなって肌が乾燥する事です。

何故潤いが足りなくなるかは
さらに様々な原因があります。

まずは空気の乾燥です。部屋のエアコン等が
原因の場合もあります。

そしてこれは避けようのない事ですが、
年齢とともに潤い成分が減ってきます。

次に食事制限や偏食、睡眠不足、ストレス等の
生活習慣の悪化が乾燥肌の原因となる場合です。

さらに間違った洗顔方法や間違ったケア方法を
している場合もあります。この場合はケアをしている
つもりが逆効果になっている事も考えられます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。